俳句部  
       
       
       
     俳句部の活動概要   
       
       
    日 時 毎月第2日曜日に吟行 最寄会場で句会を開催  
       
    場 所 部員に個別周知  
       
    会 費 毎回 1,000円  
       
    その他 太田由紀先生の指導で入選句は電友会会報に発表
 
       
    申 込 支部事務所まで  
       
       
       
  最 近 の 活 動 記 録  
       
      平成30年10月14日(日)   <参加者:12名>  
     吟行   (京都市左京区) 京都植物園  
     句会   (京都市中京区) こどもみらい館  
 
太田 由紀 先生選 
  京こひし雪まふひと日となりにけり  選 者 吟
  菊花展ひときわ目立つ受賞作  金子 たけを
  金木犀貴婦人のごと匂い立ち  門  幸生
  里山の夕日に群れる秋あかね  河村 文よし
  般若図の赤なるか曼殊沙華  川口 泰
  しづけさや宮居の深き虫の声  木原 嘉子
  よく遊ぶ孫の寝顔の爽やかよ  志知 靖夫
  行く秋の古寺を訪ねる道遠し  竹本 房子
  池の面の奏でるごとし秋の雨  畑  武司
  何事も無かったように野分跡  堀井 雅和
  敗荷にしづかな風の生れけり  山中 紅苑
  稲架掛は田舎の宝爺つなぐ  山下 勝雄
 
   
       
       
      平成30年9月 9日(日)   <参加者:11名>  
     吟行   (京都市上京区) 京都御苑  
     句会   (京都市中京区) こどもみらい館  
 
太田 由紀 先生選 
  春秋や耳にのこりし父の声  選 者 吟
  ひと声を大樹に残し秋の蝉  金子 たけを
  秋の蝶付かず離れずまとわりて  門  幸生
  山路来てひと足ごとに秋の色  河村 文よし
  黄桜や吉野の旅のなつかしく  木原 嘉子
  丹波路や栗の花咲く母の里  志知 靖夫
  六道の辻にこぼれし鳳仙花  竹本 房子
  金魚にも一声かけし旅の朝  畑  武司
  燃え上がる畦の回廊彼岸花  堀井 雅和
  拭く汗に涙かくして葬送る  山中 紅苑
  送り火や京の街まち手を合わせ  山下 勝雄
 
   
       
       
      平成30年8月         --- 休 会 ---  
       
   
       
       
      平成30年7月 8日(日)   <参加者:11名>  
     吟行   (京都市中京区) 四条烏丸から六角堂  
     句会   (京都市中京区) こどもみらい館  
       
   
       
       
      平成30年6月10日(日)   <参加者:11名>  
     吟行   (京都市上京区) 京都御苑  
     句会   (京都市中京区) こどもみらい館  
 
太田 由紀 先生選 
  湖風にさくらのゆるる一日かな  選 者 吟
  今朝の雨いよいよ梅雨の兆しかな  金子 たけお
  万緑に包まれありし京都御所  門  幸生
  故郷を訪ねて匂ふ青田風  河村 文よし
  打ち上げし刈藻からびし汀かな  木原 嘉子
  初孫に恵まれ飾る武者人形  志知 靖夫
  花菖蒲屈めば浅き流れかな  竹本 房子
  しばらくは木陰で語る五月晴れ  畑  武司
  彩もかほりも嬉し豆ごはん  堀井 雅和
  女子会や頭数だけ柏餅  山中 紅苑
  声近く孫も山車引く宮まつり  山下 勝雄
 
   
       
       
      平成30年5月13日(日)   <参加者:12名>  
     吟行   (京都市左京区) 京都府立植物園  
     句会   (京都市中京区) こどもみらい館  
       
   
       
       
      平成30年4月 8日(日)   <参加者:11名>  
     吟行   (京都市東山区) 白川・一本橋(阿闍梨橋)  
     句会   (京都市中京区) こどもみらい館  
 
太田 由紀 先生選 
  京恋ひし雪まふひとひとなりにけり  選 者 吟
  流れ来て流れ去りゆく花筏  金子 たけお
  草餅の柔らかなりて母偲ぶ  門  幸生
  陽を浴びてなほ紅の落椿  河村 文よし
  春惜しむ稲荷の森の深きかな  木原 嘉子
  竹の秋孫の未来を楽しめり  志知 靖夫
  葉桜や文殊菩薩は厨子の中  竹本 房子
  木陰からついとあらはる紋白蝶  畑  武司
  ミニチュアの雛飾り有り文机  堀井 雅和
  迷路めく路地を抜けきし春の海  山中 紅苑
  白梅の老木そそと咲き誇る  山下 勝雄
 
     
       
       
      平成30年3月11日(日)   <参加者:12名>  
     吟行   (京都市上京区) 京都御苑  
     句会   (京都市中京区) こどもみらい館  
       
   
       
       
      平成30年2月12日(月)   <参加者:11名>  
     吟行   (京都市東山区) 八坂神社・円山公園付近  
     句会   (京都市中京区) こどもみらい館  
 
太田 由紀 先生選 
  ここ近江吾名の雪の舞ひにけり  選 者 吟
  料亭の古りしのれんに春の風  金子 たけお
  東山連なりあいし春の雲  門  幸生
  ねねの道客待つ車夫に雀の子  河村 文よし
  風光る天満宮の大鳥居  木原 嘉子
  寒桜寒さに堪えて頬あかし  志知 靖夫
  名を残す糺の池の水涸るる  竹本 房子
  枝木にも薄紅まとふ春日向  畑  武司
  寒風に首をすくめて阿吽像  堀井 雅和
  久に会ふ女三人日脚伸ぶ  山中 紅苑
  紀元節昭和の証しラジオ塔  山下 勝雄
 
     
       
       
      平成30年1月14日(日)   <参加者:11名>  
     吟行   (京都市北区)  上賀茂神社  
     句会   (京都市中京区) こどもみらい館  
       
       
     トップページへ