個人情報及び会社情報保護の徹底についてのお願い       トップページへ

電友会会員の皆さまへ

                                    NTT西日本株式会社

  
  近年、IT化の急速な進展・浸透により、日常生活においてパソコン・インターネットを利用した情報収集や
コミュニケーションが一般化しています。また、記録媒体の小型化・軽量化により大容量の情報を簡単に持ち
運ぶことが出来るようになっています。
 そうしたIT化による利便性向上の一方で、個人情報等の漏えい・紛失のリスクが増大しています。
特に「Winny(ウイニー)」や「Share(シエア)」などのファイル交換ソフトを搭載したパソコンがウイルス感染す
ることで個人情報等の漏えいを引き起こす事態が官公庁・企業等で相次いで発生し、社会問題にもなりました。
それを受けて、官公庁・企業等ではその防止・撲滅に向けた注意喚起やルール・体制作りを実施してまいりま
したが、個人の不注意等のより、ファイル交換ソフトを介した情報漏えいはいまだ後を絶たない状況です。
その状況は、NTTグループも例外ではなく、平成19年9月にはNTT東日本会社グループにおいて、元社員が
退職時に会社情報を持ち出し、自宅パソコンにデータを保存していたところ、ウイルスに感染し、情報漏えいを
招く事態が発生しました。我々はこの事態を厳粛に受け止め、これまで以上に情報漏えいんの防止に向けた取
り組みを徹底する必要があります。

 情報漏えいとその防止に対する社会的な関心・要請は強く、ひとたび情報漏えいが発生すると、お客様・関係
者に多大なご迷惑をおかけするとともに、企業の社会的信用が失墜するばかりでなく、漏えいを引き起こした当
事者も責任追及を受けるなど、その影響と代償は測り知れません。

 NTTグループにおけるお客様等の個人情報保護は、情報通信産業の責任ある担い手として経営の根幹に関
わる重要事項であり、社会的使命であると認識しております。それを果たすためには、現役の社員はもちろんの
こと、退職された皆さまにおかれましても、状況をご理解いただき、個人情報の漏えい等の事態を起こさないよう
以下の事項についてご協力いただきますよう、お願いいたします。 

1.自宅パソコンにお客様情報・会社情報が保存されていないことをご確認ください
 お客様情報・会社情報の持ち出しは禁止されています。しかし、過去に何らかの事情により、それらの情報を
 持ち出し、自宅のパソコンに保管されていないとも限りません。今一度、ご自宅のパソコンのチェックをお願い
 します。万が一、当該の情報が保管されていた場合は、速やかにかつ確実に削除いただきますようお願いい
 たします。

2.
自宅パソコンでのファイイル交換ソフトのご使用を控えてください。
 パソコンでファイル交換ソフトを利用し、万が一ウイルスに感染すると、パソコン内の情報が流出
する危険が
 あります。また、ご自宅のパソコンを家族で共用している場合、ご本人が知らなくとも、ご家族の方がファイル
 交換ソフトを使用されている場合もあります。

 ご自身等の個人情報保護のためにも、自宅のパソコンにファイル交換ソフトがインストールされていないかの
チェックをお願いします。また、今後は、極力ファイル交換ソフトをご利用にならないよう、ご協力をお願いいたし
ます。


                                                          以  上